バッハ 2声のインヴェンション 第1番 BWV772 ピアノ ソロ 

皆さんこんばんは(^O^)v
ピアノ大好き、国ちゃんです!

今日は、クラシックからは、先日、リクエスト頂いた曲で
バッハのインヴェンションから第1番を弾いてみました!

↓まずは動画で国ちゃんのこの曲に対する見解を見てください


SnapCrab_NoName_2017-3-5_17-49-56_No-00.png



バロックの入門編に位置するインヴェンションですが、
右手と左手がそれぞれメロディーを聞かせるのは
結構難しいですね。

その中でも、ハ長調のこの曲は練習曲としては
良い題材ではないでしょうか?

自身の見解として、ややアップテンポで弾いています。
使用した楽譜には、指使いの番号が全く書いてなかったので
まずは、指使いの番号を振る作業から取りかかりました。

バッハの曲を止まらずに弾くためには、この指使いを
きちんとマスターしないと始まりません。

自身は、まず、弾いてみて、番号を振っていきます。

この曲のポイントは、

3小節目の3拍目の左手のミ、4小節目の最初のドはスタッカートで弾くと
メリハリが付いて良い感じに聞こえます。

指使いでは、5小節目の右手、4拍目のミ、6小節目の1拍目のソ、
2拍目のシと1で弾くと良いでしょう。

8小節目から11小節目の左手の1拍目に出てくるスタッカートは
必ず指を離して、区切って弾きましょう。

11小節目の1拍目のレ、3拍目のファ、12小節目の1拍目のレも
スタッカートでメリハリを付けたいですね。

11小節目から12小節目の左手の指使い頑張って弾きましょう。
11小節目の3拍目のファミを1と3、12小節目の1拍目のレドを1と3
3拍目のシラを1と3、3つとも同じパターンで弾くと間違えにくいです。

13小節目の3拍目から14小節目の2拍目までの両手がそれぞれ
違う動きをするので難しいですが、14小節目の左手の1拍目のラドシレを3131
2拍目のドミレファを3131と弾くと弾きやすくなります。

15小節目から18小節目は右手と左手が交互で弾くので、ここで息抜きしましょう。

そして、クライマックスの19小節目の左手、1拍目のラ、3拍目のファ、20小節目のラも
スタッカートでメリハリを付けたいですね。

19小節目の右手、3拍目のレ、20小節目の1拍目のファは1で弾くと弾きやすいです。

21小節目はだんだんスピードを落として、最後の22小節目の音は
ジャラーンと大きめに左手から弾いて、右手を後から弾くと良い感じになります。

21小節目の右手の1拍目のシのフラットにトリルを入れると良い感じになりました。

ポイントを文字で説明しましたがいかがでしたでしょうか?
お手持ちの楽譜と見ながらマークを付けていくとわかりやすいでしょうかね。

本当は、説明の所の楽譜の写真を切り取って説明したかったのですが、
楽譜の譜面を載せてしまうと問題ありそうなので、説明だけにしました。

では、頑張って挑戦してみてくださいね~♪




スポンサーサイト
アクセス数
カテゴリ
プロフィール

国ちゃん

Author:国ちゃん
どうも~こんばんは! ピアノ大好き! 国ちゃんです!
幼稚園から中学3年生までピアノは習っていたのですが
それ以来、たま~に弾くぐらいで、社会人になってから
初ボーナスでヤマハのクラビノーヴァCP-711(当時28万円)を
買ったものの、お蔵入りでした(^_^;)
40歳を過ぎてから、昔買って良く弾いていたビートルズの楽譜を見つけて
久々に大好きなレディーマドンナという楽曲を弾いてみたところ
いやぁピアノを弾くのってすごく楽しいなぁ~と感じました!
最初は指が動かなかったのですが、好きな曲だと弾けるように
なるまで練習してしまうものなんですね~
それからYou Tubeに動画をアップするようになりました!

昔ピアノ弾いていたんだけど今弾いていないんだよなぁ・・
という方、久しぶりに弾いて見ると楽しいですよ!

これからもピアノを練習して弾けるようになったら
アップしようと思います!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク